九州の広域農道コレクション

九州の広域農道・基幹林道・広域林道・農免道路など 動画、地図で紹介していきます。

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記から広域農道のエントリーを分離させました。
元のブログ→ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

目次
・鹿児島県の広域農道
・宮崎県の広域農道
・熊本県の広域農道
・大分県の広域農道
・福岡県・佐賀県・長崎県の広域農道

・エントリーの中には広域農道だけでなく、大規模林道(緑資源幹線林道)、基幹林道、ふるさと林道、農免道路などが含まれます。
・名称、始点、終点の位置、距離など正確でない場合もあります。
・地図やそれに伴う距離などには農道の区間を繋ぐ国道・県道・市道・町道などが含まれる場合があります。これらのデータはあくまでも参考程度にお考え下さい。
・記事の内容で明らかに間違っているものがあったり、これ以外の広域農道をご存じでしたら、コメント欄よりご連絡いただければ幸いです。

国道204号 佐賀県唐津市屋形石付近から県道320号 唐津市山田付近まで約20kmの広域農道
途中県道340号に入るが、元々上場広域農道だったものが一部区間だけ県道240号に指定されたらしい。

国道204号を呼子から唐津方向へ2km弱進み、伊万里方向への標識の場所が起点。
交通量自体は少なく、前走車がいたとしてもほぼ追い越し禁止の区間は無いのでパスするのにも苦労しない。

周りに人家がたくさん有る訳でも無くストレスを感じるような道では無いが、景色が良い訳でも無く、
走って楽しい快走路と言うほどでも無い、言ってみればごく普通の田舎道。


より大きな地図で 【佐賀県の広域農道】上場広域農道 を表示
国道204号の交通量が多ければバイパスになるのかも知れない。



UpDownが続く訳でも無く言ってみれば単調な道
上場広域農道
 

県道26号 佐賀県伊万里市大川内町付近から国道204号 伊万里市波多津町付近までの約26kmの広域農道

伊万里市北部の山々の中腹を細かく縫うように北上する。
広域農道としては古いらしく、農道の標識も古びて読みづらいものも多い。

古い広域農道の為か、コーナーも細かく、路面もそれなりでそれほど速度が乗るような道でも無い。
交通量は少ないので、国道204号とか202号のバイパスとして使えるのだろうか?

より大きな地図で 【佐賀県の広域農道】国見山麓広域農道 を表示

国道204号 伊万里市六仙寺交叉点を右折、県道26号へ 
01六仙寺交差点
県道26号道祖瀬交叉点を左折 国見山麓広域農道の起点
02道祖瀬交差点
道幅は十分、路面はごく普通ところどころにひび割れがあるが荒れていると言うほどでも無い。
03農道入り口から少し
国道498号大坪バイパス交叉点 そのまま直進
04大坪バイパス交差点 
伊万里市三十塚交叉点 国道202号線を越える
05伊万里市三十塚交差点 
1kmほど進むと標識に従って左折するのだが、標識が古く分かりづらいので注意
06農道左折 
法面の処理は上が広がっておらず、樹木のせり出しも多く開放感はあまり無い。
07農道
一瞬だけ県道321号に入る
08県道321合流 
すぐに左折、相変わらず標識は見づらい。
09県道321から農道 
切り通しの法面、古い広域農道はこんなもんだろう。
10農道 
4.5kmほどで再び県道321号をかすめる。
11再び県道321 
すぐに左折する、標識は見づらいがあるだけでも間違うことはないだろう。 12県道から分岐
数百メートルで県道297号に入る
13県道297に合流 
1kmほどで県道32号へ、大きな標識があるので分かりやすい。
14県道32に 
1.5kmほどで右折して再び広域農道、標識は無くわかりづらい。
15県道32から農道   
3km程で県道52号へ
16農道から県道52
県道25号 左折する
17県道52入口 
数百メートルで右折、標識は無い、広域農道最後の区間へ。
18県道52から農道 
約1.5kmで突き当たり、国道204号が広域農道の終点。
Still001 

全体の標高差はあまり無い、細かいUpDownはあるが先の見通しが悪く楽しいというまででもない。 
06-国見山麓広域農道

まあ一言で言えばごく普通の田舎道、景色が良い訳でも無く、走って楽しいと言うほどでも無いが交通量が少なめなのは良い。
古い広域農道はこんなもんだろう

後半車載カメラの不具合で撮影されていなかったため一部Google Street Viewからの画像を引用しました

国道204号 長崎県平戸市田平町付近から県道11号 佐世保市世知原町付近までおよそ22kmの広域農道

より大きな地図で 【長崎県の広域農道】北松広域農道(北松やまびこロード) を表示
農道に入ってしばらくは回りに人家が多いが、ちょっと行くと人家もまばらになり快走路になる。
路肩も広く、法面も大きく上に広がり開放的、途中県道61号、144号に入るがその区間も含めて
ゆったりとしたUpDownとコーナーが続く。
広域農道では良くあることだが、全線に渡って信号が無く、途中で赤信号で止められ舌打ちすることも無い。


距離は20kmほどなので少しもの足らない。
県道11号に下りてしまったのだが、そもまま楽しそうな道が先に続いていた、
もしかしたらもう少し農道が延伸しているのかも知れない。 
北松広域農道-2
左折して県道11号へ、農道はもう少し先まで続いているのか?
05-北松広域農道
 田平側から入るとほぼ上り、緩やかなUpDownで高度を上げる、高低差はそれほど無い。

平戸や生月島へ行くときにはお薦めの一本。

国道202号 長崎県西海市西海町横瀬郷付近から県道12号 西海市西彼町平山郷付近までの全長15kmの広域農道

西彼杵半島の北端から一気に南下する、長いストレート、ゆったりとした高速コーナー、路肩も広く開放的で景色も良い。
交通量も少なく、信号もほとんどない、快走広域農道の典型的は例かも知れない。

より大きな地図で 【長崎県の広域農道】西彼杵広域農道(西海オレンジロード) を表示


ただちょっと残念なのは、距離が15km程度と短いこと、あっという間に終わってしまう。
だが、この周辺は快走路が集中している、広域農道の南側の起点の県道12号も交差する県道205号、
西彼杵半島中部の県道204号、229号どの道と言わずダイナミックな快走路ばかり。

以前、どこかのパーキングで会った長崎のライダーが、今地元の人間は島原半島グリーンロードは避けて西彼杵半島に走りに行くと言っていたのも頷ける。(島原半島グリーンロードは取り締まりが厳しくなったと言うことらしい)
201408051626547a1[1]
 
それほど高低差が有る訳ではないが先が見通せるためUpDownも気持ちが良い。

国道251号 長崎年雲仙市愛野町付近からl国道57号 雲仙市小浜町南本町付近まで、島原半島をほぼ3/4周する広域農道。

より大きな地図で 【長崎県の広域農道】島原半島広域農道(雲仙グリーンロード) を表示

途中県道や国道で途切れているため、ここでは正式では無いのだが以下の区間に分ける。
・国道251号 雲仙市愛野町付近から県道208号 島原市平出町付近までの約23kmを北部区間
・国道57号 島原市大下町付近から県道229号 南島原市南有馬町付近までの約28kmを中部区間
・国道389号 南島原市加津佐町付近から国道57号 雲仙市小浜町付近までの約18kmを西部区間

それぞれの区間を接続する国道や県道を含め全長約90kmのルート(別にまゆやまロードは通る必要がないのだが...)

・北部区間
雲仙市と島原市を結ぶ海岸沿いの国道251号のバイパスルートになっていて、交通量が非常に多い、ほぼ全区間追い越し禁止ではないので、遅い車はクリアできるのだが、交通量が多すぎてきりがない。

それでも海岸沿いの国道251号よりは交通量も少なく流れも良いのであきらめるしか無い。
それを避けるのなら、もう少し山沿いの県道58号も一部狭い区間があるものの面白い。
早朝などの交通量が少ない時間帯であればなかなか楽しそうなのだが...

島原市内に入るとがまだすロードに入り一気に流れが速くなる、そのままがまだすロードで南下してもいいのだが、私はいつも県道207号(まゆやまロード)で次の区間に繋いでいる。
これがまた距離はそれほど長くないが、一気に山を駆け上がり一気に下る中~高速のワインディングで景色も良く非常に楽しい。


DSCF1134[1]
まゆやまロードから見る有明海、雲仙岳の景色も良い。
02-雲仙グリーンロード1
広域農道の区間がストレスがたまるだけに、まゆやまロードのUpDownの楽しさが引き立ってしまう。

・中部区間
国道57号 島原市大下町付近から県道229号 南島原市南有馬町付近までの約28km
正確には国道57号からではなく、島原第三中学校付近が始点らしい。

畑の中を普賢岳や有明海を見ながら南下してゆく。
最初の内はゆったりとしたストレートをクランク状に繋いでおり、景色はそこそこ良いものの、道の脇には人家が多く それほど飛ばせる訳でも無い。
しかし、県道47号を越える頃になると人家も交通量もぐっと少なく、中速のワインディングが楽しめる。
それも、県道209号の白木野小学校付近までで中部区間は終了。

県道209号で次の区間へ向かうのだが、この209号が狭くてわかりづらい。
車がやっと通れるくらいの狭い道で集落を抜けなければならない、距離は数百メートルなのだが間違うととんでもないところに出てしまう。
まあ間違ってこんな景色の良いところに出たりしたんだが... 谷水の棚田 
DSC01325[1]
 vlcsnap-2014-07-15-21h11m51s146[1]
右が正解、この先もっと狭くて分かりづらくなる。 
こちらから行こうと思われる方は、是非とも動画で道筋を確認して欲しい。

雲仙グリーンロード中部

・西部区間
国道389号 南島原市加津佐町付近から国道57号 雲仙市小浜町南本町付近までの約18km
この区間が雲仙グリーンロードの中では一番の快適快走区間かもしれない。
DSC01311
全線に渡って良い景色が見渡せる訳では無いが、所々に良い感じの景色が見えるポイントが点在する。 
コーナーと直線とUpDownが良い具合に混在し、スピードも乗る快走路。
単車乗りの間で雲仙グリーンロードというのはこの区間を指すのだと思う。

なんだが、警察もお見通しのようで結構取り締まりやパトロールをしているみたい。
私がこの区間を走った時には必ずツートンの車と遭遇する。 
雲仙グリーンロード西部

距離も全区間で100km近く有ってバラエティに富み走りごたえ満点の一本。

このページのトップヘ