九州の広域農道コレクション

九州の広域農道・基幹林道・広域林道・農免道路など 動画、地図で紹介していきます。

カテゴリ: 熊本の広域農道

小国広域農道(ファームロードわいた)小国町下城付近から国道387号 小国町黒渕付近までの約17kmの農道。

正式名称は「阿蘇小国郷区域 農林業用道路」で愛称も「小国グリーンロード」ではなく単なる「グリーンロード」らしい。(緑資源機構「特定中山間保全整備事業のあゆみ 平成26年」より)

20kmもない短い道だが、熊本県北部から日田、久住方面へのバイパスルートとして使われているようだ。
小国広域農道(ファームロードわいた)や日田広域農道(スカイファームロードひた)と繋いで走れば面白い快走ルートになる。

↓動画はファームロードわいたの亀石峠付近から。


※動画は実速ではありません。

標高差はあまりない、せいぜい2~300m程度。
小国グリーンロード標高グラフ

緑資源機構の資料によるとこの農林業用道路は、国道387号より南部「マゼノミステリーロード」付近まで開発対象になっているようだが、グリーンロードと呼ばれる区間は国道387号まで。
小国農林業用道路
 

↓追記に続く


続きを読む
QLOOKアクセス解析

久々に広域農道のカテゴリーをエントリー


国道266号 熊本県上天草市大矢野登立付近から県道107号 大矢野町中付近までの約14kmの広域農道および農免道路。

三角から天草五橋の一号橋を通り大矢野島へ入りしばらくすると最初の信号の地点がフラワーロードの起点。
新しく出来た広域農道らしく、路面はきれいで走りやすい、ブラインドコーナーなど皆無で緩やかな高速コーナーが連続する。
景色も時折海を見ながら悪くは無い、法面も新しい農道らしく大きく空に向かって広がり開放的。

02_20150907162100dc5[1]


広域農道から指導に入り再度国道266号との交差点付近に道の駅や天草四郎メモリアルホールなどの施設がある。
その交叉点から国道を突っ切るように県営大矢野南部農免道路が始まる、この農道も走りやすく広域農道の一部だと言われても分からないほど。

海沿いの県道107号で農免道路は終わる、左折すると維和島方面、右折すると再度国道266号に出る。
広域農道と接続する市道、農免道路含めても距離は15kmほどと短く、気合いを入れて走り倒すというには物足らない。

ただ、大矢野島内の国道266号は非常に込む事が多いので、渋滞を避けるバイパスルートとして結構有用。





QLOOKアクセス解析



青のラインがミルクロード、茶色のラインがラピュタの道



ミルクロード
国道57号 熊本県菊池郡大津町のミルクロード入口交叉点から県道339号・県道12号・県道45号・県道11号を経て再び国道57号 阿蘇市波野付近まで、阿蘇外輪山を周回する道の総称、距離およそ46km

元々は県道では無く阿蘇北部広域農道の一部が1995年に県道として認定されたもの、県道11号より東側は現在も県道では無く広域農道。

九州を代表するツーリングルート、私がコメントできるような道ではありません。
ただ、景色は何時通っても絶景ポイントがいくつもある素晴らしい道なのだが、週末の日中など交通量が多すぎて走るにはストレスがたまりすぎる、景色と走りを両方堪能するには早朝訪れるしかないのが残念。
15482558508_8fb301e9d1_z
大観峰から阿蘇五岳を望む
県道11号(やまなみ)から東側の区間は、景色はそれなりだが交通量も少なく非常に走りやすい。

ミルクロード傾斜
外輪山の800m近い高低差を一気に上げる、交通量さえ少なければ...

ラピュタの道
阿蘇市道 狩尾幹線、県道149号からミルクロードまで阿蘇市狩尾地区を通る市道、距離はおよそ5.7km
この道もここ二三年有名になり大観峰とならぶ名所になっている。
ラピュタ0
ラピュタ1
まあこの風景を一度でも目にすればそれもうなづける、どの季節に何度行っても感動を味わえるのだが、
タイミングが悪いと人や車の多さにゲンナリすることも。
ラピュタ傾斜
傾斜で言えばラピュタの道の方がきついが、道自体は舗装の状態も悪く、落石もあったりして走って楽しい道では無い。

いずれにしても始めて九州を走る方には外せない道。

QLOOKアクセス解析

県道50号 熊本県上益城郡嘉島町下仲間付近から国道286号 宇城市不知火町高良交叉点まで
約16kmの広域農道、平成11年開通。

国道3号や国道266号のバイパスとして使われているようだ、交通量は国道に比べればはるかに少ないが、
広域農道としては多め。

ほぼ全線追い越し禁止で走りを楽しむと言うより幹線道路を避けてバイパスとして利用する方が無難かも。
市街地近くを走る広域農道はこんなもん。


動画は撮影したのだが、大型車の交通量が多くつまらないのでパス。
QLOOKアクセス解析

広域農道ではなく、緑資源幹線林道 菊池人吉線の球磨郡五木村白蔵峠と八代市泉町久連子までの約18kmの林道。
平成21年に開通し幅員は他の区間より狭い5m。

より大きな地図で 【熊本県の広域農道】菊池人吉大規模林道 泉五木区間 を表示
青が菊池人吉大規模林道 泉五木区間
茶色が菊池人吉大規模林道 五木相良区間

菊池人吉大規模林道・五木相良区間(五木スカイライン)と接続する。

緑資源幹線林道菊池人吉線 五木・相良区間

五木相良区間の終点 白蔵峠が、泉五木区間の南側の起点。
当初は菊池人吉大規模林道の他区間と同じ幅員7mの規格で建設予定だったものが、緑資源機能の贈収賄事件や自然保護もろもろの理由で幅員は5mとなり、途中にあるトンネルも短くなっている。


五木相良区間に比べると道幅だけでなくカーブの曲りも大きくその規格の違いは歴然、五木相良区間と同じようには走れない。
道の舗装自体は悪くは無いが、落石が多すぎて走りづらい、落石もエッジが立っていて踏みどころが悪いとパンクしそうな石がゴロゴロしている、コーナーには必ず落石があると思って走った方が良い。
15592101735_6d19826814_z
それでも四国の瓶ヶ森林道を思わせるような尾根沿いの道など景色は悪くは無い、山深さを思わせるのなら九州でもこの道が一番。
15592938202_56fa3b04fb_z
豪快に飛ばせるような道でも無いが、山深さを感じながら走るには悪くは無い。
まあそれも久連子の終点まで、そこから連続する県道247号は幅員も3~4mとグッと狭くなり道の状態も悪い。

農道、林道より県道の方が酷いのは良くあることだが、ここは酷すぎる。
林道を整備するより県道の方が先だと思うが...

もっと酷いのは、247号から先の国道445号
15592949902_a06fd543f0_z
だんだん整備されてはいるようだが、国道なのに未舗装。
気軽にこの泉五木区間を走りに行こうとはなかなか思えない理由である。

菊池人吉大規模林道 泉五木区間
落石さえ無ければそこそこ走りも楽しめるのだが...

QLOOKアクセス解析

このページのトップヘ